読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷物は盗られる

入念に準備しても盗られるものは盗られる

海外旅行保険のすゝめ

 

海外旅行保険に入ろう

 

*保険会社の者ではないので、

こういうのがあるってことを知ってほしくて書いております。

間違ってる部分もあると思うので、気になった所は調べてみてください、、

 

 

このブログの要である盗難

稀にあるロストバゲージ*1

旅行中の医療費、、、

 

なんとなくそんな感じのヤバいやつが起こったときに、わたしたちの味方になってくれるものが、海外旅行保険です。

 

全然高く無いので、絶対入ったほうがいいとおもいます。

ネットで簡単に、安く入れます。

(詳しくは、“海外旅行保険”で検索)

 

わたしは人生初の海外旅行でこれに入っていなかったため、

とても悔しい思いをしました。

 

f:id:mourimouri:20170220123346j:plain

見てください、この悲痛な表情。めっちゃ楽しそう。

 

初めて乗る国際線に胸を躍らせ、長時間のフライトに耐え、たどり着いたドイツ・オーストリア

ロストバゲージにあい、全4泊6日の行程(たぶん)を

オールスッピンで過ごし、

毎晩パンツを洗ってはドライヤーで乾かす、

うら若き乙女には大変な苦行を強いられた旅行でした。

 

現地でパンツ買えよな。

 

それはさておき、

バックパッカーのようなガッツのある骨太な旅がしたい!

というかたはもう知りませんが、

ちゃんと化粧をして、

健康で文化的な最低限度の生活を営みたい!とお望みのかたは

保険に入るメリットが医療費以外にもあります。

 

 

なぜ入るのか?

  • 荷物が盗まれたとき、すごいお金くれる
  • ロストバゲージしたとき、すごいお金くれる

 

お金をくれます。

 

最重要事項ですね。

これで心置きなくパンツもファンデーションも買えます。

ちゃんと眉毛のある旅行ができますね。

 

入った保険のプランにもよりますが、

10万円とか、20万円とかの上限はあれど、めっちゃお金くれます。

 

もちろん、それ相当の物が盗まれたり、

無くなったりしたことが証明できればですが、

めちゃめちゃ厳しいわけでもないので、嘘さえ書かなければ、だいたいくれます。

 

ロストバゲージに関しては、

一応航空会社にも補償制度はあるみたいです。

ただ、結構いい加減な感じらしいので、あまり期待しないほうがよさそうです。

(わたしは上述の初海外旅行の際、緊急で必要になったコート代を請求したら返ってきました。うれぴ)

 

 

クレジットカード付帯の海外旅行保険

クレジットカード、持ってますよね。

持って無ければこの章は読飛ばしてください。1ミリも役に立ちません。

 

持っているかた!おめでとうございます。

あなたのクレジットカードには、海外旅行保険がついているかもしれません

そうすれば、わざわざ保険会社が提供する海外旅行保険に入る必要がない、かもしれません

 

まわりくどいですね。

簡潔に説明すると、

  1. 保険がついてないカードもある
  2. カードに保険がついていても、その補償内容がクソ

 

1の場合は、潔く諦めて、保険会社の保険に入ってください。

2の場合は、ご自身で保険会社の保険と比較し、

  • 『この補償内容じゃわたしこわぁい...』→ 保険会社の保険に入ってください。
  • 『十分じゃあん!』→ そのクレジットカード付帯の海外旅行保険を利用してください。

 

『十分じゃあん!』党のみなさま、気をつけてほしいことがあります。

そのカードの海外旅行保険にも、

  • 自動付帯
  • 利用付帯

の2種類があります。

 

自動付帯だったかた。

おめでとうございます!持ってるだけで適用される最強カードです!

 

利用付帯だったかた。

現地で使えば適用される、とか、

旅行にいくまでの交通費をクレジット支払いすればで適用される、とか

カードによって条件が違うので調べてから旅立ちましょう。

 

 

そんな感じで、保険入るだけでもうめっちゃめんどい。

海外旅行って面倒くさいことだらけですね。

それでも行きたくなってしまうのは、病気か何かなんでしょう。

 

強めのお薬、出しておきますね。

 

 

*1:空港で預けた荷物が無くなったりして、予定した到着地で受け取れないこと。もっとひどいと一生受け取れなくてつらい