読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荷物は盗られる

入念に準備しても盗られるものは盗られる

【ドイツ・オーストリア ②】そして紛失

もうりの人生初の旅行記第二弾です。

前回記事はこちらへ。

 

 

パリ、シャルル・ド・ゴール空港

日本から約13時間。

今回の旅の経由地、シャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

もう日本語は聞こえません。

 

経由地と言っても、ただ飛行機を乗り換えるだけです。

待ち時間も少なく、すぐにドイツのフランクフルト空港へ出発です。

 

もうりははじめての海外の空港に不安を覚えつつも興奮がとまりません。

f:id:mourimouri:20170220175609j:plain

看板の色とか、かわい〜な〜あ。

 

添乗員さん「飛行機、遅れてるみたいです」

 

さいでっか。

まあええがなええがな。気長に待とうぜ。

 

1〜2時間ほどして、配給されるサンドイッチと水。

もうり「ひぇ〜、パリすげ〜!タダでごはんくれるのかよ〜!」

謎の勘違いをかまし、ただただ感動しているもうりのすぐ横では、外国人(わたしもか。)が職員に対して怒鳴り散らしています。

 

もうり「サンドイッチくれたのに何で怒ってるんだろ?足りない?」

愚かにも程があります。

 

 

しかし、5時間も待つと、さすがにおかしいことに気づきます。

一層ざわめきだつ空港内。

夜は22時を過ぎ、床に毛布などを敷いて眠りにつく人々が目につきます。

 

添乗員さん「滑走路が凍って飛べないから、今日はフライトキャンセルですって。

 

え、、、

 

そ、そんなん言われましても、、、、

どうしたら、、、、、、、ええんや、、、、

 

 

極寒のパリへ

ラッキーなことに、空港周辺のホテルを

航空会社が取ってくれました。

 

その際の添乗員さんが言うには、

「こんなこと、今まで無かったです!(普通なら空港のベンチで夜を明かさなければいけないのに、ホテルを取ってもらえるなんて)ラッキーです〜!!」

らしいので、とてもラッキーだったのでしょう。

 

そもそもパリとフランクフルトは、1時間ちょっとで到着する距離。

ラッキーな人間どころか普通の人間ならば、すでにフランクフルトに到着していますね。あはは。ラッキー。

 

 

ラッキーな我々は、空港からホテルへと向かうシャトルバス乗り場で、バスを待つことに。外ですけど。−5℃の。

 

空港職員「いつ来るか分からないけど、乗り遅れたら困るからちゃんと外で待ってて。いつ来るか知らんけどな。

ーー最早我々に抗う権利など残されていないのです。

 

前回のブログでも書きましたが、友人の助言に従い、

  • 荷物になるから、コートは預け入れ荷物に入れたほうがいいよ!
  • 機内はしんどいから、デニムとか御法度だから!

この2つを守っていました。

 

というわけで、わたしは-5℃のパリに対して、

シャツとジャケットとショートパンツ、あと80デニールのタイツ

という軽装備で挑むことになったのです。

 

友人はダウンコートを着て、ニット帽をかぶっていました。

 

 

パリのホテル

極寒のパリ、誰がどう見ても初秋の装いで2時間弱バスを待つわたし及び我がツアー御一行様。

何がどうなったか分かりませんが、結局タクシーでホテルを目指すことになりました。

 

ホテルへは無事到着し、お風呂に入って即時睡眠。

飛行機の経由地で預け入れ荷物を受け取ることはできないので、とりあえずパンツを洗いました。

 

なんというホテルなのかも分かりませんが、とてもきれいでした。友人が言うには、朝食のオレンジジュースが最高にウマかったらしいです。なんというホテルかも知りませんが。

 

 

念願のドイツへ

朝一番の飛行機は定刻どおりに出発し、

無事、フランクフルト空港に到着しました。

 

空港のターンテーブルでスーツケースを待つ一行。

お分かりだと思いますが、待てど暮らせど出て来ず、我々の荷物は、まだパリにあるとのことでした。

 

 

唖然としましたが、ツアー参加者の15名弱、ほぼ全員同じ状況下に置かれているのです。

文句を言っても荷物は来ないし、仕方がないので旅行を楽しみます。

 

本日の教訓

f:id:mourimouri:20170220185008j:plain

 

つづきます。